会社概要

2016.9.29

とと姉ちゃんに見るリーダーシップ-対照的な2人のリーダーの共通性

皆様、こんにちは。

レジリエンス研修講師ポジティブ心理学コーチリーダーシップ開発コンサルタント

組織改革コンサルタント松岡孝敬です。

NHKの朝ドラ、「とと姉ちゃん」、とうとう今週で終了ですね。

あさロスに続き、来週から“ととロス”の日々がしばらく続きます。

ドラマの舞台が戦後の「あなたの暮らし」の雑誌を創刊する頃になったあたりから、

主人公の小橋常子と、名編集長の花山伊佐治という、

2人の対照的なリーダーの言動に非常に注目して見ていました。

%e3%83%88%e3%83%88%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93

社員の意見やアイデアを尊重しつつ、自分のビジョン・目標を掲げ、

そのビジョンを自然に浸透させてリードする小橋常子社長と、

方や、部下の仕事ぶりだけでなく態度・礼節にもとても厳しく、

怒声を浴びせる叱責も厭わず、部下に対する以上に自分に対して、

ストイックに厳しい態度を示してリードする花山伊佐治編集長。

社員に対してきめ細やかな配慮を示しつつ、社員は家族の一員として絶対守ると、

父性的なリーダーシップを発揮する小橋常子さん。

一方、“昭和のお父さん”的な、厳格な父性をもって小橋三姉妹や部下を指導しつつ、

母性を感じさせる、感性豊かな文章や挿絵を描く花山伊佐治社長。

対照的なお二人のリーダーシップは、

早くにお父様を亡くされ、父代わりに姉妹を支えた経験や、

早くにお母様を亡くされ、お母様の苦労を認識していた経験が

影響しているかもしれません。

まあドラマの世界なので…。

小橋常子さんと花山伊佐治さんのリーダーシップ、両極端ですが、共通性もあります。

それは、レジリエンス(逆境力)とオーセンティシティ(真正さ、自分らしさ)です。

お二人のリーダーシップは、典型的なオーセンティックリーダーシップだと思います。

お二人とも、オーセンティックリーダーの要素を備えています。

レジリエンスの強さについては、それぞれ、言語を絶するような戦争時の生活を

乗り越えた経験を持っていますので、それがレジリエンス資源になっているのでしょう。

その共通する体験が、「女性の豊かな暮らしを取り戻す雑誌を創る」という、

ビジョンの共有につながるのでしょうね。

そして、オーセンティシティ(真正さ)については、

それぞれの人生の歩み、旅路が深く影響していることは言うまでもありません。

人生のさまざまな経験を経ることによって、それぞれのリーダーは、

自己の強さや弱さ、価値観・道徳観を認識し、自分の価値観・信念に一貫した行動をとり、

部下・スタッフ・周囲の人々にも先入観をもたずに公平に接することができる。

お二人とも素晴らしいリーダーで、

素晴らしいオーセンティックリーダーシップを発揮しています。

このようなオーセンティックリーダーシップは、誰でも開発・実行することができます。

不肖、私、10月24日(月)に、パソナウィメンズキャリアカレッジ東京校様にて、

リーダーシップ開発講座に登壇させていただきます。(詳細は↓をクリックしてください)

【ダイバーシティ推進プログラム】ダイバーシティ時代を生き抜く‘本物の’リーダーシップ開発講座
ご興味のある方は、是非、ご参加くださいませ。

最後は、自分が登壇する公開講座の宣伝でごめんなさい。

花山伊佐治さんに怒られるかも( ノД`)シクシク…