会社概要

2018.5.23

Be honest! 金美齢氏に見るしなやかな凛としたレジリエンス

皆様、こんにちは。

レジリエンストレーナー松岡孝敬です。

かなり久しぶりのブログ更新です。もっと更新頻度を高めねばと思いつつ、

つい怠ってしまう。これからはマメに更新していこうと思います。

さて、今回は、最近、感動した講演会の様子をレポートしたいと思います。

過日、私も講師をさせていただいている、

大阪のピーチウィメンズビジネススクールの開講式があり、

招かれて出席しました。

ピーチウィメンズビジネススクールの詳細は、

下記をクリックしてみてください。

ピーチウィメンズビジネススクールの案内ページ

開講式の最後は、金美齢氏が基調講演され、私も拝聴しました。

月並みな表現ですが、素晴らしい講演でしたね。

そして、とてもレジリエンスの強い女性だと僭越ながら拝察しました。

当初の基調講演の演者は、野田聖子総務大臣が予定されていたのですが、

急きょ重要な会議が入り、ピンチヒッターで金美齢氏が登壇されたのでした。

そんな状況を全く不快に思わず、むしろ講演の(笑いの)ネタにする余裕ぶり。

「私はよくピンチヒッターに呼ばれるんです。

安倍晋三総理のピンチヒッターもしたことがあるし、

李登輝さんやマハティールさんのピンチヒッターもしたことがありました。

それはとても光栄なことで、そんな風に代役として真っ先に私の顔が浮かび、

お声をかけてくださることはとても有難く大事なことです。」

そんなようなことをお話しされていました。

李登輝氏やマハティール氏の代役が務まるなど、

一方ならぬ人物でしかできないので、それをさらっと嫌味なく

朗らかにお話しされる様子に、しなやかな凄みを感じました。

「人生はゲーム。節目節目で自分のカードを使って

さまざまな試練を乗り越えなければなりません。

私は、台湾から日本に来日したときは、カードを持っていないどころか、

4枚のマイナスのカードを持っていました。

それは、女性であること。欧米でない台湾という小さな国の外国人であること。

既婚者であること。そして子を持つ母であること。

それらの4枚のカードは、仕事をする上で、キャリアを積んでいく上で、

マイナスに働くと当時も今も考えられがちですが、

私は、むしろプラスのカードとしてとらえて今日まで人生を楽しんできました。」

私の記憶が確かであれば、そのようなことを金美齢氏はお話しされたかと思います。

「人生において、カードを使うときは適切なときにしなければなりません。

それは、天・地・人に従うというか、天の時、地の利、人の和に従った方が良いです。

カードを使うときは、天のとき(Something great)が教えてくれます。

それを察するには、地の利、特に人の和を大事にして生きる。

人の和を大事にするというのは、何事も誠実に振舞うこと。Be honestであること。

真善美に従い、清く正しく美しく生きることが大事です。

清く正しく生きることはさほど難しくないけど、

美しく生きることは苦手としている人が多い。

美しく生きるには、美しいもの(自然、芸術作品)に多く接することです。」

もはや講演に酔っていた(ワインに酔っていたわけではありません)私は、

金美齢氏は、おそらくかようなことをおっしゃっていたと記憶しているのでした。

レジリエンスの極めて強い人は、それを自覚していて、かつ、

人生において、ナチュラルに自分のレジリエンスを強化する方法を実行されていると

強く感じました。ポジティビティ溢れる人だと。

齢84歳の女性が、講演中立ちっぱなしで、物腰柔らかい口調でジョークを交えながら、

予定された時間ぴったりに聴衆を感銘させる講演を終えられました。

その後の質疑応答も素晴らしく、ある女性の、

「女性が男性社会の職場で仕事をするには、何度か心が折れるときがあるかと思います。

金美齢先生は、心が折れたときどのように対処されましたか?」

という質問に対して、金美齢氏は、間髪入れずにスパっと、

「心は折れない!」

「日本の方は、よく心が折れるなんて表現をしますが、

私は、心が折れるという表現をしたことはないし、心が折れるなんて考えたこともない。

心は折れるものじゃないんです。心が折れると考えるから折れるのです。」

激しく同感で名答です。

中国生まれ香港育ちの女性の、

「私も金美齢先生と同じように外国人で女性という立場で日本の企業で仕事をしています。

マイナスのカードを持っている状態ですが、今後どのようにすればよいでしょうか?」

という質問に対して、

「マイナスのカードをプラスのカードにすれば良いのです。

プラスのカードとして捉え、適切なときに使えば良いのです。

それには、人の和、協力者、良い仲間をつくること。

それをつくるには誠実であることです。」

これも名答ですね。素晴らしいです。

しなやかに凛とした人生を送られたレジリエンスの強い素晴らしい女性の講演を

すっかり堪能した1.5時間でした。

最後に、金美齢先生、天・地・人の話になって、

「日本は、地の利に関して、皆さん日本人の方は気づいていませんが、

世界でナンバーワンです。」とおっしゃっていました。

私も全く同感だったので、少しびっくりしました。

地の利に関して、なぜ日本が世界でナンバーワンなのか?

それは、いずれ気が向いたらブログで書こうかなと思います。

2017.7.3

『心理学実践講座』第5回開催しました。

皆様、こんにちは。

レジリエンス・トレーナー、ポジティブ心理学コーチ、

リーダーシップ育成コンサルタント、

そして自称、在野のアドレリアン、松岡孝敬です。

昨日、7月2日(日)は、主催する『心理学実践講座』第5回「科学的に目標を達成する」

の開催日でした。

4月23日から6回シリーズでスタートした本講座も、5回を終了し、

いよいよ次回、7月23日(日)の第6回「ストレスマネジメントとレジリエンス」で

春講座は完結します。

アドラー心理学とポジティブ心理学をベースにした、

対人関係と業績を劇的に改善する本講座、

東京や大阪での企業研修では実践的なセミナーと高評価をいただいていたのですが、

広島で、一般の方向けの公開講座として開催するのは、正直、不安な部分もありました。

講座を開始した直後から、その不安は解消しました。

受講生の皆様が真剣にワークに取り組み、

講座の学びを肯定的に楽しんでいらっしゃったからです。

日常生活や仕事で役立つ実践的なワークを多く取り入れたのも、好評だったようです。

実際に講座で学んだことを月曜日から実践されてとても役立ったとの

有難いご意見も頂戴しております。

第5回の昨日は、科学的(脳科学的)に目標を達成する方法や、

グリットの高め方をお話しし、

ワークを通して受講者の皆様とともに学びました。

講座の準備の過程や講座当日の学びから、世の中の偉業は、決して天才の業績ではなく、

とてつもなくポジティブで具体的で良質な未来記憶を脳に常駐させ、

周囲の理解に支えられて極めて高いグリット(やり抜く力)を保ち続けた、

“普通の人”の業績なんだなあと痛感しました。

受講生の皆様に支えられて有意義な『心理学実践講座』も完結に向かいますが、

10月15日から『人生が楽しくなる心理学講座』として同じ講座の秋講座が始まります。

詳細は下記をクリックしてください。

『人生が楽しくなる心理学講座』募集ページ

心理学的、脳科学的に、幸福度、レジリエンス(逆境力)、グリット(やり抜く力)

が高まる講座です。

受講すれば、劇的に対人関係が好転し、業績が改善し、仕事と人生が楽しくなります。

是非、受講くださいませ。20名限定ですので、お早めにお申し込みください。

早割特典もあります。

本講座の内容をさらに充実し、かつ、心理学的に面白く、

自己認識力とメタ認知力が高まるアドバンス講座も予定しております。

こちらは今月下旬にご案内できる予定です。ご期待くださいませ。

今回の6回シリーズの講座を開催することで、

熱心な受講生の皆様との交流を深めることができ、

自分自身も多くの学びを得ることができました。

春講座最終回の7月23日も、心を込めてお伝えし、

受講生の皆様にとって有意義で価値ある講座に

なりますよう、最善を尽くします。

共同体感覚溢れるメルマガ、ポジティビティ通信の登録は、

下のクリックしてエントリーください。
【ポジティビティ通信】登録フォーム

2017.2.18

ダンスを踊るように生きよう-ポジティビティ3年目を迎えて

皆様、こんにちは。

レジリエンス研修講師、ポジティブ心理学コーチ、リーダーシップ育成コンサルタント、

そして在野のアドレリアン(自称)、松岡孝敬です。

本日2月18日は、株式会社ポジティビティの創立記念日です。

今日から弊社は、おかげさまで3年目に突入しました。

1年目は暗中模索の中、何もわからず何も見えずがむしゃらに試行錯誤を繰り返し、

2年目、飛躍の年となるよう活動しましたが、なかなか爆発的な飛躍には至らず…

ただ、徐々に弊社の存在や活動が認知され、社会に貢献できる環境が醸成しつつあることを

感じています。

これも、創業から変わらず応援していただいている友人・知人の皆様の賜物です。

心より感謝申し上げます。

3年目を迎え、弊社は、新たな事業を起こしてまいりたいと考えています。

人々の幸福度の向上と組織の繁栄を支援し、社会に貢献する

という創業当初からのビジョンを実現すべく、挑戦し続けてまいります。

ブログのタイトル「ダンスを踊るように生きよう」は、

岸見一郎さんのベストセラー、『嫌われる勇気』の1節から引用しました。

「人生とは、いまこの瞬間をくるくるとダンスするように生きる、

連続する刹那なのです。…(中略)…いずれの生も「途上」で終わったわけではない。

ダンスを踊っている「いま、ここ」が充実していれば、それでよいのです。」

個人心理学の祖、アドラーは、著書の中で、

一般的な人生の意味はない。人生の意味は、あなたが自分自身に与えるものだ。

「今、ここ」を充実して(ダンスを踊るように)生きるには、

自らの能力(強み)を活用して、他者に貢献すること。

私は、そう考えています。

そのように生きることができれば、常に幸福でいられます。

研修やセミナーでも、このことは必ずお伝えしようと思います。

「ダンスを踊るように生きよう」というフレーズから、

昔見た大好きな映画のワンシーンを思い出しました。

アル・パチーノがアカデミー主演男優賞を受賞した、

セント・オブ・ウーマン」(夢の香り)という映画です。

事故で盲目になった女性好きの退役将校(フランク)が、NYのレインボールームで、

ふと知り合った美貌の女性(ガブリエル・アンウォー)とタンゴを踊るシーンです。

女性が、「Afraid of making a mistake.(ステップを間違えるのが怖い。)…」

とためらうと、アル・パチーノ扮するフランクは、

「No mistakes in the tango, not like life.

It’s simple. That’s what makes the tango so great.

If you make a mistake, get all tangled up, just tango on.

(タンゴに間違いはない、人生とは違って。

単純なんだ。それがタンゴの素晴らしいところだ。

間違えて、足がもつれても、ただ踊り続ければいい。)」

と諭して見事なタンゴを踊る映画史に残る有名なシーンです。

フランクは、1つ間違ったことを言っています。

人生だって、タンゴと同じように失敗したって良いんです。

「今、ここ」に集中して踊り続ければ、充実した人生を送り続ければ。

弊社ポジティビティは、3年目を迎え、これからも、ダンスを踊るように事業を続け、

有意義な価値を提供して皆様に貢献するよう邁進します。

皆様、今後ともよろしくお願い申し上げます。

2017.1.9

他者に関心を持つということ-宮本輝の「長流の畔」を読んで

皆様、こんにちは。

レジリエンス研修講師、ポジティブ心理学コーチ、

自称、在野のアドレリアンの松岡孝敬です。

今日は1月9日(月)、三連休の最終日、皆様、いかがお過ごしでしょうか?

今日は成人式ですね。30年以上前の鹿児島で迎えた成人式を思い出します。

私が成人だった頃から読み始めた、宮本輝著「流転の海」シリーズの最新刊、

第8部「長流の畔」を、先日、家内の実家に帰省した際、読了しました。

%e9%95%b7%e6%b5%81%e3%81%ae%e7%95%94

タイトルにある長流は、兵庫県東部を流れる円山川を指していて、

小説のクライマックスでの重要な舞台になっています。

家内の実家の近くにも円山川が流れていて、

何か因縁めいたものを感じつつ一気に読み進めました。

「流転の海」シリーズは、宮本輝のお父さん、宮本熊市氏をモデルにした、

松阪熊吾が主人公の長編小説です。

破天荒で情に厚く豪快な、いかにも明治生まれの気骨ある男、松阪熊吾の、

戦後、50歳近くになって授かった一人息子(松阪伸仁、宮本輝がモデル)

の成長を見守りつつ、一家を支えつつ、

戦前、戦中は、事業で大成功して羽振りの良かった熊吾が、

戦後は、信じていた友人や仕事仲間に裏切られ、没落していく物語です。

現在、雑誌「新潮」に連載されている第9部「野の春」でシリーズは完結します。

大学時代からのテルニストとしては、

「流転の海」シリーズが終わるのは寂しいと思いつつ、

テルニストは誰もが知っているお父さんの哀しい最期を思うと、

早く小説は完結してほしいという気持ちがない交ぜになっています。

しかし、レジリエンスの強い男ですね~。松阪熊吾。

起業家としての才能はありながら、生来の人情の厚さから、人を信じやすく、

自分を慕う後輩や同郷人、周囲の人々には、

信じられないくらいの気配り、心配り、貢献をします。

それこそ、アドラーが警告する“自己犠牲を払う他者貢献”の典型のような…。

そして自分の可愛がった後輩から裏切られても、それを赦してしまうような寛容さもある。

宮本輝は、かつてお父さんの宮本熊市氏から、

哀しい別れというものを味わったことのない人間とは、おつきあいしたくない

ということを言われたそうです。「別れの船」という短編集で紹介してます。

若い頃、私は、この意味がよくわかりませんでした。

アドラー心理学やポジティブ心理学を学びつつある今は、

なんとなく意味がわかるような気がしてきました。

哀しい別れ」とは、対人関係を交わさなければまず起こりえない。

人は一人では絶対生きていけない。何らかの対人関係は必ず付きまとう。

哀しい別れ」とは、自己を否定せず肯定せず、ありのままに受け入れ、

かつ他者に強い関心を抱いた人だけに起こりうる感情ではないかと。

そう考えるようになりました。

この世は、別れに満ちています(by宮本輝)。私もいろいろな別れを経験してきました。

父との死別、敬愛する師との死別、予想だにしなかった親友との死別、

最愛の人との別れ、意見の相違による盟友との別れ…。

ただそのような別れも、自分を受容し、他者に関心を持たなければ、

つまり、幸福でなければ起こりえない。

哀しい別れ」を経験するということは、

その人が他者に関心を持ち、心配りできる幸福な人であることの証左だと思います。

宮本輝のお父さんは、本能的にそれを理解していたので、

あのような言葉を伝えたのでしょう。

今年は、「流転の海」第9部「野の春」の刊行を心待ちにすることにします。

かつて、大学時代に交際していた女性(そして哀しく別れた女性)から、当時、

『「流転の海」の松阪熊吾って、松岡くんに似ているね』

と言われたことがあります。

喜んでよいのか、悲しんでよいのか、そんな記憶が蘇ってきた。

まさか、それが原因で…(笑)。

2016.10.12

「アドラーの生涯」を読む‐楽観的でレジリエンスの強い個人心理学創始者

皆様、こんにちは。

レジリエンス研修講師ポジティブ心理学コーチリーダーシップ開発コンサルタント

組織改革コンサルタントの松岡孝敬です。

10月に入っても真夏のような陽気が続いているなあと思ったら、

一気に秋が訪れてしまいましたね。

皆様、体調崩されないよう、お身体ご自愛ください。

さて、今回のブログは、「アドラーの生涯」の読後感想です。

最近、アドラー心理学に関するイベントのお手伝いをする機会が続き、

この機会に、アドラー心理学や、アドラーという心理学者の人物像を見直そう

と思ったのが、分厚い本を読書するに至ったきっかけです。

「アドラーの生涯」、個人心理学の創始者、アルフレッド・アドラーの伝記、

著者はエドワード・ホフマン博士、訳者は、あの“嫌われる勇気”の著者である岸見一郎氏。

%e3%82%a2%e3%83%89%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%81%ae%e7%94%9f%e6%b6%af

450ページの本で、価格もそれなりにするので、図書館で借りて讀みました(;´Д`)

ページ数の割には、サクサク一気に読了しました。

これは、エドワード・ホフマン博士の文章が良いのか?

岸見一郎氏の和訳が良かったのか?

いずれにせよ、アドラーの人物像、アドラーが個人心理学を創始した目的、

ひいては医師になった目的、アドラー心理学の概要が、すんなり理解できたようで、

とても興味深く、勉強になった本でした。

アドラー心理学の重要な概念である“共同体感覚”が生まれたきっかけは、

第一一次大戦中に軍医として参加した経験であることは、興味深かったし、

特に面白かったのは、フロイトとの確執というか喧嘩、決別の様子。

心理学者同士の論争(というか、終盤は痴話げんかに近い…)は、こんな感じなのかと、

心理学者のイメージ、フロイトとアドラーの人間臭さがわかり、面白かったですね。

アドラーの共同体感覚を育成すれば幸福になれるといった理論は、極めて楽観的で理想的、

だからこそ、科学的でないとして、仲間が去るといったこともありましたが、

現代では、すんなりと受け入れられやすいように思います。

ポジティブ心理学にも通じるところが多く、

ポジティブ心理学の源流のような感じがしないでもありません。

共同体感覚といった概念を生み出したアドラー自身も、その追求を目的として医師となり、

人生を歩んだような人で、

アドラーが医師になろうとしたのも、人類を救う最善の手段としてであり、

医師として仕事をすることで、個人的な富を増やすのではなく、世界を変えたかった。

そのように「アドラーの生涯」では書いてあります。

事実、ウィーン時代のアドラーは、富裕層が住む町ではなく、

貧しい大衆の町に自分の医院を開業し、

治療費を払えない人がいたときは、ときおり、治療費をもらわず無償で診ていたそうです。

早期に自分の人生の目的(アドラー流に言えば適切な目的)を確立し、

その目的、信念、価値観に誠実に矛盾することなく人生を過ごし、多大な社会貢献をした。

まさにアドラーは、オーセンティックリーダーであり、

レジリエンスの強い心理学者だと思います。

10月23日、「アドラーの生涯」の著者、エドワード・ホフマン博士が来日し、

アドラー心理学とポジティブ心理学に関して講演される貴重なセミナーが開催されます

(下記をクリック)

アドラー心理学とポジティブ心理学から「幸福」を達成する講演会&ワークショップ

ご興味のある方は、是非、ご参加くださいませ。私も理事としてお手伝いしています。

それにしても、アドラーは人類の幸福達成のために、

個人的な富の獲得を置いて社会貢献していたのに、

アドラー心理学の追従者や、後に続く現代の心理学者、

心理学ベースのビジネスコーチの中には(全員がそうではないにしろ)、

社会貢献を置いてでも個人的な財産を増やすことに血道を上げる人が多いのだろう???