会社概要

2016.8.25

 日本のオジサンはやっぱりペシミスト(悲観主義者)?-とあるスタンディングワインバーでのレジリエンスな夜

皆様、こんにちは。

レジリエンス研修講師ポジティブ心理学コーチ松岡孝敬です。

したたか酔ってブログを書いているので乱筆乱文ご容赦を。

今日は、午後から少し難航していたコンテンツというか、

セールスコピーの執筆を終えたので、安堵し、

かつ、カミサンが仕事で急な飲み会が入ったので、この機会を天祐と思い、

ホームグラウンドのスタンディングワインバーにくりだしたのでした。

ワインのブラインドテイスティグを試されながらワインを楽しんでいると、

赤ワイン

最近、よくお店に来るらしい私よりも少し年配のオジサン2人が私を挟んで両脇に立ち、

お酒を飲みつつ、タバコを吸いつつ、会話を楽しみ始めたのでした(;’∀’)

タバコの苦手な私は、

この時点でレジリエンスの試される時間を過ごすことになったのでした( ノД`)シクシク…

そのオジサン2人の何気ない会話に考えさせられました。

オジサンA「今、カープ負けてますよ。4-0で、ジャイアンツに。」

オジサンB「三連戦じゃけえ~、2-1で負け越すことになっとるんでしょ。

マジックも点灯したけえねぇ~。」

えっ!? あれ!? まだ3回じゃん。なんで負けるなんて言うの!?

(このブログ書いてる時点で結局逆転してカープ勝っちゃいました(;’∀’))

こういう発言を聴くと、外国人はペシミスト(悲観主義者)だと思うんだろうなあ~と、

ワインを飲みながら、ペシミストの私は思ったのです(;’∀’)

ちなみにアメリカンは、こんな会話になりません。

ユニフォームが似ているシンシナティ・レッズファンのアメリカのオジサン2人の会話を

想定しましょう。

アメリカのオジサンA「おい、レッズ今、ジャイアンツ(サンフランシスコです)に

リードされてるぜ!(負けているとは絶対言わない)」

アメリカのオジサンB「まだ4-0じゃねえか!ボットがグランドスラム2本打ちゃあ

8-4で逆転じゃねえか!」

アメリカのオジサンA「そうだな、brother!ボットの満塁ホームランに乾杯!」

てな感じでしょうね。ネガティブな発言は絶対しないでしょ( ´艸`)

バスケットの神様、マイケル・ジョーダンがシカゴ・ブルズの現役時代、

マイケルジョーダン

プレーオフの決勝シリーズのとある一戦で一人で55点もとったある夜、

ブルズのチームメートで、ジョーダンと同じノースカロライナ大学出身の

控え選手がインタビューで、

「今日は、俺とマイケルでノースカロライナ大学コンビで56点挙げてやったぜ」

(その選手はその日の得点1点)。

別のノースカロライナ大学出身のブルズのチームメイトは、

「馬鹿野郎!俺とマイケルは58点も挙げたんだぞ!俺らこそMVPだ!」

(その選手はその日の得点3点)。

凄いオプティミスト(楽天主義者)でポジティブでしょ!!

私を含め、日本のオジサンには、こんなオプティミティックな発言はできないですね~。

ポジティブ心理学の論理では、オプティミスト(楽観主義者)は成功すると言われています。

今夜、スタンディングワインバーでお会いしたオジサン2人は、

ペシミスティック(悲観主義的)な

発言をしていましたが、でも成功してなさそうな雰囲気でもないし、

なにより幸福そうでした。

ということは、外国で言うペシミズム(悲観主義)は、日本のそれと違うんじゃないの?

日本は日本で独自の捉え方、独自のポジティブ心理学があっても良いのかなあ

と感じました。

そんなこんなで程よく酔った私は帰路についたのでした。

最近、ワインが弱くなって以前ほど飲めなくなったなあ~。

これはペシミストの発言なのか、それともリアリティ(現実)なのか( ノД`)シクシク…

2016.3.19

ダンスをするような極めて心地よい時間ー踊るレジリエンスセミナー

皆様,こんにちは。

レジリエンス研修講師,ポジティブ心理学コーチの松岡孝敬です。

昨夜は,パソナ様のウィメンズキャリアカレッジ東京校にて

レジリエンスセミナーを開催させていただきました。

お仕事帰りで3連休前のフライデーナイトにもかかわらず

80名の方に受講いただきました。

(セミナー中は写真撮影NGでしたので,開催前の写真をアップします。⇩)

パソナレジリエンスセミナー

受講いただいた皆様,セミナーにお招きいただいたパソナの皆様にはとても有難く,

本当に感謝感謝です。

短時間でいかに効果的にワークを盛り込みつつ受講者の皆様のレジリエンスを強化できるか

という点が、レジリエンス研修講師としての私の今までの課題で,

それを解決すべく,昨夜のセミナーでは,独自に考案したワークを試みたのですが,

予想以上に上手く機能したので,私としては,かなり満足しています。

セミナー終了後のアンケートをざっと拝見しましたが,

多くの受講者の方々に満足いただいて本当に嬉しく思います。

何よりも嬉しかったのは,終了後,列をつくって質問に来ていただいたこと。

セミナー講師冥利に尽きるというか…。

さらに,心理カウンセラーを目指している若い女性から,

「今日のセミナー,来て本当に良かった。とても勉強になりました。」

そのお言葉をいただいて舞い上がってしまいましたね。

なにがしら人のお役に立つ,貢献することは,本当に幸福度レジリエンスを高めます。

心地よい興奮が冷めやらぬ朝ですが,

今日は,雨の東京で,MBAの友人と国際情勢を語り合いながら,ホッピーを飲む予定です。

そして,明日からまたレジリエンス研修講師,ポジティブ心理学コーチとして

成長し続けます。

2016.3.6

コラーゲンに対する認知の再合成?-認知を変えればレジリエンスも高まる

皆様,こんにちは。

レジリエンス研修講師,ポジティブ心理学コーチ松岡孝敬です。

3月に入り,ようやく春めいた季節となりました。

今回のブログは,コラーゲンのお話。コラーゲンに対する思い込みの話題です。

コラーゲンを含む健康飲料や食品は,ますます増えてきていますね。

先日,スーパーに買い物に行くと,コラーゲン入りのノンアルコールビールが

売っていました。

コラーゲン入りビール

ついつい試飲すると,お肌が一気につるつるになってしまいました。

そんなわけないですね(笑)。

コラーゲンは,ご存知の通り,繊維性タンパク質で,真皮や靭帯,腱,骨,

軟骨の構成成分です。

動物の細胞外基質の主成分にもなっています。外側から細胞を支持するタンパク質ですね。

「コラーゲンは人体の重要な構成成分なので,摂取すれば体に良い。」とは,似非情報で,

しょせんタンパク質だからアミノ酸にまで体内で消化されるので,効果はないだろう。

効果があると“思い込み”を持って摂取するので健康に良くなる(気になる),

いわゆる“プラシーボ(偽薬)効果”だろう。

なんて思ってたら,最近の研究では,その常識を覆す結果が出ているという。

コラーゲンは大半は体内でアミノ酸まで消化されますが,

一部はコラーゲンペプチドとして残り,それがシグナルとなって,

繊維芽細胞の分化を促進し,その繊維芽細胞からコラーゲンが合成され,

結果,コラーゲンが増えるとか…。

コラーゲンが効くメカニズムの解明

嘘みたい。でも論文は出てますね。きちっと論文を読まなきゃ検証できませんが,

少なくとも完全なプラシーボではなく,コラーゲンを経口摂取すると,

多少は美肌効果,アンチエイジング効果があるようです。

コラーゲン食品,コラーゲン飲料に対する認知を改め,認知の再合成しなければ…。

いずれにしろ,「コラーゲン食品は美肌に効果がない」と思い込むよりも,

「コラーゲン食品を食べるとお肌ツルツル」とポジティブに思い込む方が,効果はあると

考えられます。そのように認知を変えれば,レジリエンスポジティビティも高まります。

前回ご紹介したケリー・マクゴニガル博士の

スタンフォードのストレスを力に変える教科書」にも載ってました。

「年齢を重ねることをポジティブに捉えている人はネガティブに捉えている人よりも

長生きする」とも書いてありました。

ということは…

「年を重ねることは楽しいけど,コラーゲン飲むと若返る」と思い込んでいる人は,

どんな効果が出るのだろ?長生きしてお肌ツルツルになるんでしょうか?

訳が分からなくなってしまった。

それにしてもコラーゲン入りビール,コラーゲン入りヨーグルトと

コラーゲン食品の増えること増えること。

願わくば,コラーゲン入り赤ワインなんてものは製造しないでほしい。

決してイノベーティブな商品じゃないから。ワインに対する冒涜,

バッカスの神様からバチが当たります。

少し,赤ワインに対する認知バイアス,思い込みが強すぎるでしょうか?

2016.2.18

感謝感謝の1年‐そして感謝を形にして返す飛躍の2年目へ

皆様、こんにちは。

レジリエンス研修講師,ポジティブ心理学コーチの松岡孝敬です。

株式会社ポジティビティは,今日から2年目に突入しました。

1年目は,レジリエンスの試される日々を過ごしました。

業務の形態上,新たなコンテンツを学んだり,

集客のための施策やマーケティングに多くの費用を使ったりして,

過剰な投資を行いました。まだそのほとんどが回収されていません。

その中でも,さまざまな方々からご支援・ご尽力をいただき,

ライフワークと心に決めた仕事を続けることができました。

本当に感謝感謝です。

聖アンナと聖母子

実は,2年目に入った今日は,朝から本当にレジリエンスが試される逆境・試練が

次々と発生し,かなりのネガティブスパイラルに陥りました。

スポーツジムに行って汗を流しても解消できないままでした。

久しぶりに実家を訪れ,母と自分のネガティブ感情が起こっている事情を話すと,

やんわりと諭されました。

(私の母は,けっこうな年齢なのですが,パソコンに習熟していて,

なんと私のブログをほぼ毎回読んでいるという…)

帰宅して夕飯を食べていると,妻からもやんわりとたしなめられました。

身近な社会的支援,サポーターの存在は有難いですね。認知の歪みを直してくれ,

レジリエンスを高めてくれます。

さて,2年目に入ったポジティビティと私は,さまざまな新しい試みを実行し,

飛躍の年とします。

志を同じくする仲間と,共有するビジョンの実現のため,ミッションを遂行したり,

巨人の肩に乗っかってパートナーシップを組んだりします。

援助希求性の弱い私が,一人で行うビジネスの限界を感じ,援助希求力を発揮して,

さまざまな方々とコラボを企画して,ビジネスを発展させます。

クリス・ピーターソンの言葉を借りれば,“Other is matter.”ですね。

さまざまな試練に会いました(今日も)が,過去オール善。

そして,試練にあったときに都合よく思い出す教えを記し,

明日からまた仕事に邁進します。

新約聖書 コリント人への第一の手紙 10章13節
「あなたがたの会った試錬で、世の常でないものはない。神は真実である。あなたがたを耐えられないような試錬に会わせることはないばかりか、試錬と同時に、それに耐えられるように、のがれる道も備えて下さるのである。」

2年目中に,感謝の気持ちを形にしてお返しします。

2016.2.12

楽観性は成功の必須要因‐内定者レジリエンス研修で気づいたこと

皆様、こんにちは。

レジリエンス研修講師,ポジティブ心理学コーチの松岡孝敬です。

先日,静岡の某企業で行いました内定者レジリエンス研修のアンケートが届きました。

受講いただいた内定者の方々が少なかったせいもあるのですが,全員の方から,

「とても満足している」との回答をいただき,とても嬉しく,安心しました。

4月から本格的に社会人になる前に,レジリエンス幸福度

かなり高まったかと自負しています。

受講者の一人の女性から,1つの気づきをいただきました。

彼女は,自分で楽観的な性格だと自覚していて,

それは,とてもネガティブなことだと思っていたそうです。

非現実的な楽観性は,ときとして無鉄砲な暴走を引き起こしますが,

現実的な楽観性は,成功の必須要因でレジリエンスも高まり,

幸福度を高める強みですよと伝えると,とても明るい顔をされて喜んでいました。

まるで,今まで楽観性を否定され続けたかのように。

これも日本の教育のせいなのか,

どうしても日本では楽観性を是としない風土があるのでしょうか?

すべからく物事を悲観的に否定的に捉えることが,

課題を抽出して解決に導く第一歩と考えているのか?

物事を楽観的に捉えると,「適当」だとか,「真剣に考えようとしない」とか,

「課題を直視していない」とか,そんな風に捉えて

楽観性をネガティブなものに考えるのでしょうかね~。

過去から現在に至るまで,破壊的なイノベーションを起こした人や,

革命を起こして成功した人は,総じてオプティミストなんですけどね~。

エジソンしかり,ジョブズしかり,カストロしかり。

楽観性の捉え方以上にショックだったのは,

ジェネレーションギャップを痛感させられたことです。

受講者はすべて20代前半の女性でした。女性が受講生のメインの研修の場合,

レジリエンスが強い人物として,ヘレンケラーの三重苦を克服させた家庭教師,

サリバン先生を取り上げるのですが,知らないのですね~。

最近の若い女性(←オジサンか)は,アン・サリバンを知らないのです。

「舞台や映画の『奇跡の人』って知らないの?」…知らんのです(泣)。

奇跡の人

「美内すずえさんの『ガラスの仮面』って少女漫画読んだことない?」

…読んだことないんです。

ガラスの仮面

では,身近でレジリエンスの強い人ってだれだろう?

挙げてみてくださいってお願いすると,

「ベッ〇〇」って,

今年に入って某ミュージシャンとのスキャンダルで最近テレビで見かけなくなった

人気女性タレントである方の名を挙げられました(;’∀’)

彼女が本当にレジリエンスが強いかどうか,今後の動向を見届けなければなりませんが,

次の研修では,レジリエンスの強い女性の事例を

いっそその「〇〇キー」さんに変えようかな?

研修を見守っていた女性課長が研修終了後,控室にて,

「松岡先生,私はサリバン先生もガラスの仮面も知っています。良く読んでいました。」

そりゃそうでしょ。私と同年代なんだから。

それからの時間は,その課長様のガラスの仮面トークやゴルフ談義を

しばし拝聴しました。