会社概要

2016.2.12

楽観性は成功の必須要因‐内定者レジリエンス研修で気づいたこと

皆様、こんにちは。

レジリエンス研修講師,ポジティブ心理学コーチの松岡孝敬です。

先日,静岡の某企業で行いました内定者レジリエンス研修のアンケートが届きました。

受講いただいた内定者の方々が少なかったせいもあるのですが,全員の方から,

「とても満足している」との回答をいただき,とても嬉しく,安心しました。

4月から本格的に社会人になる前に,レジリエンス幸福度

かなり高まったかと自負しています。

受講者の一人の女性から,1つの気づきをいただきました。

彼女は,自分で楽観的な性格だと自覚していて,

それは,とてもネガティブなことだと思っていたそうです。

非現実的な楽観性は,ときとして無鉄砲な暴走を引き起こしますが,

現実的な楽観性は,成功の必須要因でレジリエンスも高まり,

幸福度を高める強みですよと伝えると,とても明るい顔をされて喜んでいました。

まるで,今まで楽観性を否定され続けたかのように。

これも日本の教育のせいなのか,

どうしても日本では楽観性を是としない風土があるのでしょうか?

すべからく物事を悲観的に否定的に捉えることが,

課題を抽出して解決に導く第一歩と考えているのか?

物事を楽観的に捉えると,「適当」だとか,「真剣に考えようとしない」とか,

「課題を直視していない」とか,そんな風に捉えて

楽観性をネガティブなものに考えるのでしょうかね~。

過去から現在に至るまで,破壊的なイノベーションを起こした人や,

革命を起こして成功した人は,総じてオプティミストなんですけどね~。

エジソンしかり,ジョブズしかり,カストロしかり。

楽観性の捉え方以上にショックだったのは,

ジェネレーションギャップを痛感させられたことです。

受講者はすべて20代前半の女性でした。女性が受講生のメインの研修の場合,

レジリエンスが強い人物として,ヘレンケラーの三重苦を克服させた家庭教師,

サリバン先生を取り上げるのですが,知らないのですね~。

最近の若い女性(←オジサンか)は,アン・サリバンを知らないのです。

「舞台や映画の『奇跡の人』って知らないの?」…知らんのです(泣)。

奇跡の人

「美内すずえさんの『ガラスの仮面』って少女漫画読んだことない?」

…読んだことないんです。

ガラスの仮面

では,身近でレジリエンスの強い人ってだれだろう?

挙げてみてくださいってお願いすると,

「ベッ〇〇」って,

今年に入って某ミュージシャンとのスキャンダルで最近テレビで見かけなくなった

人気女性タレントである方の名を挙げられました(;’∀’)

彼女が本当にレジリエンスが強いかどうか,今後の動向を見届けなければなりませんが,

次の研修では,レジリエンスの強い女性の事例を

いっそその「〇〇キー」さんに変えようかな?

研修を見守っていた女性課長が研修終了後,控室にて,

「松岡先生,私はサリバン先生もガラスの仮面も知っています。良く読んでいました。」

そりゃそうでしょ。私と同年代なんだから。

それからの時間は,その課長様のガラスの仮面トークやゴルフ談義を

しばし拝聴しました。

2016.1.31

ふとした日常の感謝‐ポジティビティが高まったとき

皆様,こんにちは。

株式会社ポジティビティ代表

レジリエンス研修講師ポジティブ心理学コーチ松岡孝敬です。

ポジティブ感情のうち,とりわけ感謝の感情が高まると,

幸福度が高まる

ネガティブ感情を中和させる

身体の健康につながる

思いやりが生まれる

などの効果が高まります。当然レジリエンスも強化されます。

先日,とある外資系倉庫型スーパーでグ〇コのゼッピンカレーの特売がある

との情報をキャッチした私のカミサンが,

その日は,仕事で自分が買いに行けないので,

私に「買ってきて」と御遣いを頼まれたのでした。

ゼッピンカレー

朝からコンテンツ制作などで時間が取れなかった私は,午後からでも良いかと伺うと,

「午前中に売り切れたらどうするのよ!人気商品なんだから!

ブログでも評判なんだから!」

コ〇△コ関連のブログを豆にチェックしているカミサンは,

狙った特売品は妥協することなくゲットする人だったのでした。

レジリエンスの強い人だこと。

(何で俺がカレーごときの御遣いに朝一番でコ〇△コに行かなきゃいけないんだ??)

と内心いらつき,ネガティビティが高まりながらも、朝一番で買い物に出かけたのでした。

店につくや,わき目もふらず,随所にある試食コーナーに目もくれず,

ゼッピンカレーの売り場に一直線に向かった私でした。

売り切れが予想されるほど人が群がっているかと思いきや,余裕でゲットし,

しかも棚には,およそ売り切れなど起こらないだろうほどの商品が山積みされたのでした。

(朝イチに来なくったって,午後から来ても間に合ったじゃない)と

あきれた気持ちが湧いたのは言うまでもありません。

翌日,今度は2人で店に買い物に行くと,

まだゼッピンカレーは棚に燦然と置いてあるではありませんか。

「ほら見ろ,急いで買わなくったって,売り切れずにまだあるじゃないか」と言ってから,

2人で値札を見ると,昨日買った値段よりも300円も高くなっていたではないですか。

私のことを滅多にほめないカミサンは,その値札を見て,嬉々として

「あなた,でかした!!」

と,仕事で大型契約を受注したかのような喜び方をし,

かなりの感謝の気持ちを表されたのでした。

(あれっ?こんなんで良いの。)などど拍子抜けつつ,

日常のふとした感謝gratitude)に,極めて気を良くして

ポジティビティが高まった私でした。

日常のひょんな,小さな感謝を確認して積み上げていくと,

ネガティビティが解消され,レジリエンスが高まりますね。

ちなみにゼッピンカレーは,ネットでは美味しいと評価の高い商品のようで,

ちょっとFABE分析してみると,

F(feature;特徴)は,
「特製フォンとデュクセルソースにこだわったコクと40数種のスパイスを使用したルウ」

A(advantage;優位性)は,「ペーストと固形ルウの2層構造」

B(benefit;便益)は,「高級レストランの上品なこだわりカレーを家庭で味わえる」

E(evidence;証拠)は,わからなかった…。

というところでしょうか?

感謝してくれたついでに,ゼッピンカレーのルウを使って作る夕飯も感謝してほしい。

私は褒められて伸び,レジリエンスが高まるので…

2016.1.16

コーチングの新結合(イノベーション)-ダイバーシティがイノベーションとレジリエンスを生む

皆様,こんにちは。

レジリエンス研修講師,ポジティブ心理学コーチの松岡孝敬です。

新年初めてのブログでございます。遅ればせながら,本年もよろしくお願い申し上げます。

今日は午後から,コーチング仲間と勉強会を行いました。

コーチング未経験者,初心者も参加されているため,前半はコーチングの基礎として,

基本スキルとその理論的裏付けについて,私がレクチャーを行いました。

中国コーチング勉強会20160116

この勉強会,「中国コーチング勉強会」と名付けられていますが,

参加者各々ベースとなるスキルが多様で,

PHP認定のコーチ資格保有者,

NLPトレーナー(ジョン・グリンダーからも指導を受けた本格派),

マインドブロックバスターインストラクター,

そして私,レジリエンストレーナー&ポジティブ心理学コーチ。

「中国コーチング勉強会」のミッションの1つに,独創的な中国コーチングスタイルを

創造するというものがあるのですが,これだけリソースが豊富で,

多様性が高いとイノベーティブなコーチングスタイルが創れると確信しました。

イノベーションを名づけたシュンペーターは,イノベーションを「新結合」

と表現しましたが,まさに,今日のコーチング勉強会は,

コーチングの新結合(イノベーション)でしたね。

ダイバーシティと発想の転換こそがイノベーションを生み,

レジリエンスを強化すると思います。

今年もワクワクとした楽しい時間を過ごすことができそうです。

2015.10.31

パフュームと人気セミナー講師との共通点-おじぎと感謝とレジリエンス

皆様,おはようございます。

レジリエンス研修講師,ポジティブ心理学コーチの松岡孝敬です。

先日のアメトークを観ましたか? 「パフューム芸人」。

パフューム芸人

パフュームの活躍は素晴らしいですね。日本にとどまらず,海外でもあんなに活躍しているとは。まさに広島の星ですね。

小さい頃,広島本通りでお母さんとビラ配りしていたなんて。今の活躍ぶりからは想像もつかないですね。

番組で流れたライブを観ていて印象に残ったのが,観客へのおじぎの長さと深さ。

何と40秒もお客様におじぎをしていました。素晴らしい。下積みが長く,デビュー当初からもがき苦労したからこそ,支えてくれるお客様やスタッフへの絶えない感謝の気持ちが,あのおじぎに表れているのだろうと推察します。

パフュームのおじぎを観て,とある人気(超がつく)セミナー講師のセミナーを思い出しました。

「坂田公太郎」さんというセミナー講師です。爆発的モチベーターとして活躍されており,人気セミナー講師を養成する講座も主催されています。

下の写真の右の方が坂田公太郎さんです。

坂田公太郎さんと

坂田さんも,セミナーのスタートは,長い時間,おじぎをされます。

最初は,受講者の気を引き付けるためのパフォーマンスかなっと穿って観ていたのですが(坂田さん,どうもすみません),坂田さんの過去の苦労や逆境,試練を乗り越えたエピソードを伺うと,決してパフォーマンスのような軽いものではないことがわかります。

坂田さんご自身からは,長いおじぎの理由を伺ったわけではないので,今から書くことは全くの私見とお断りしたうえで,書かせていただきます。

坂田さんのおじぎは,いままで支えてくれたお客様,そしてこれからも支えてくれるであろう受講者のお客様への感謝の気持ちを表現しているのだと推察します。

まさに,ジェイ・エイブラハムが唱える,「顧客を愛せよ」を実践している方。

感謝というポジティブ感情は,「幸福度を高める」,「ネガティブな感情を中和させる」,「身体の健康につながる」,「思いやりが生まれる」,「前向きでいる」といった効果があります。パフュームのライブを見終わったお客様も坂田さんのセミナーを受講し終わった方も,一様に幸福度が高く,前向きな気持ちが芽生えている様子なのも,会場が,全面的に感謝のポジティブ感情が高まった場だからこそなのでしょうね。

感謝のポジティブ感情が高まると,レジリエンスも強化されます。

最近,レジリエンス資源が消耗しつつあるので,感謝のポジティブ感情を高めないと。

というわけで(どういうわけなのか?),今夜は広島のとあるライブハウスで,大好きなNY在住のjazz pianist率いるカルテットのライブを聴きに行きます。

素晴らしいライブを聴かせてくれる及部恭子さんに感謝。広島のライブハウスに感謝。そしてなにより,快く一人jazz鑑賞を許してくれたカミサンに感謝。

もちろん,つたないブログを愛読していただいている読者の皆様に,最大限の感謝を表します。

2015.10.19

ポジティブ心理学コーチングはコーリング?-レジリエンスが高まる認定書

皆様,こんにちは。レジリエンストレーニング講師の松岡孝敬です。

本日,遅ればせながら,スクールオブポジティブサイコロジー認定の「ポジティブ心理学コーチ認定書」をいただきました。

8月末に修了したのですが,コーチング実践課程の講義に故あって欠席したので,9~10月にかけて同じく欠席した受講者と補講のコーチングセッションを行い,ようやく正式な修了となり,認定の運びとなりました。

ポジティブ心理学コーチ認定書

コーチングというスキルの可能性について,正直,自分として限界を感じていたところ,昨年からのレジリエンスの学びの中から,ポジティブ心理学に出会い,その秘められた肯定的な可能性にすっかり魅了されました。一生かけて学び続けたいと心底感じました。

その結果として,このような形で「ポジティブ心理学コーチ」の認定をいただいて,嬉しく思います。

皆さんは,3つの仕事観をご存知でしょうか?

1つ目は「ジョブ」。仕事をお金と生活のための活動ととらえる仕事観です。

2つ目は「キャリア」。仕事を地位と名誉のためにする活動をとらえる仕事観です。

3つ目は「コーリング」。自分の仕事を天から与えられた役目,天職のように感じる仕事観です。

3つの仕事観のうち,どれが優れていてどれが正しいかということは分明できません。人それぞれ価値観は異なりますから。

ただ,私は,自分の仕事がコーリングであると感じられれば,充実した幸福な人生を送ることができるかなあと思っています。ですので,レジリエンス講師やポジティブ心理学コーチといった肩書のついた仕事が自分にとっての「コーリング」であると強く思い,これからの仕事を続け,社会に貢献したいと思います。

ポジティブ心理学の科学的証拠(エビデンス)をベースにした,コーチングや組織開発コンサルティングの介入法・モデルは,素晴らしく多様性があり,実証性があり,それらを活用してイノベーティブなコンサルティングができると思うとワクワクします。

また,ポジティブ心理学コーチング課程をともに学んだ仲間,学友の皆様は,燃え上がるような情熱をもってポジティブ心理学コーチングにのめり込んでいる方たちばかりで,自分たちの情熱の火で自らを焦がしてしまうくらい,熱くなって新たな介入法を開発しようとしています。そんなクリエイティブな雰囲気は大好きです。

ビクトール・フランクルの言葉,What is to give lights must endure burning.を思い出します。

自らの放つ熱情に耐えつつ,レジリエンスを発揮して,レジリエンス講師とポジティブ心理学コーチがコーリングとなるよう学び続け、邁進していきます。もちろん学友の皆様とともに。