会社概要

2015.12.13

ジェダイでも思い込みの処理は難しい-スターウォーズとレジリエンス・トレーニング第2回

皆様,こんにちは。

レジリエンス研修講師,ポジティブ心理学コーチの松岡孝敬です。

今回は,「スターウォーズ エピソード2 クローンの攻撃」を題材にして,ブログを更新します。

タイトルは,「ジェダイでも思い込みの処理は難しい」です。

「エピソード2 クローンの攻撃」のストーリーは,ジェダイマスターのオビ=ワン・ケノービのもとで修業を積む才能あふれる若きアナキン・スカイウォーカーの内面の葛藤と苦悩,アミダラとの禁断の愛を描き,銀河共和国が次第に分離主義勢力との戦争に突入する件を描いた映画です。

映画の冒頭から,オビワンとアナキンとの確執が丁寧に描かれており,アナキンは,オビワンを師として尊敬しつつも,「自分のことを正当に評価していない」,「自分を一人前のジェダイにしないのは,オビワンが自分の才能に嫉妬しているからだ。」
といった“思い込み”を抱いているように感じられます。そのような思い込みがあるからこそ,オビワンやジェダイ評議会に対して,不満,憤懣,軽い憎悪,欺瞞といったネガティブ感情をアナキンは抱いています。

マスターヨーダ,マスターウィンドウ,オビ=ワンの三人の会話の中で,「アナキンのずば抜けた才能・技能が彼を傲慢(arrogant)にしている。」というセリフが出てきますが,実際はアナキンが抱くような“思い込み”は役に立たないもので,ジェダイ評議会やオビワンは,彼の傲慢さを今の段階で戒めないといずれ大変なことが起こることに気づいていたのでしょう。フォースの力は素晴らしい!

そのような“思い込み”を把握できず,処理できないまま過ごしていたせいか,アナキンは,おかしな行動を起こしてしまいます。ジェダイ評議会とは異なり自分を高く評価するパルパティーン議長に惹かれていったり,ジェダイに奨励されている“無償の愛”とは異なり特定の人への愛に走ったり…

エピソード2

極めつけは,実母を誘拐し,殺害したタスケンレイダー部族への大虐殺ですね。憎悪というネガティブ感情をコントロールできず,さまざまな思い込みによる憤懣もないまぜになっての暴挙で,あのようなことをするともうジェダイではありません。あの時点で,ダークサイドの萌芽が生じていたのでしょうね。

思い込みの処理は,才能豊かな,極めて強いフォースをもつジェダイでも難しいということでしょうね。いわんやフォースが弱い一般人にとってはなおさらでしょう。ただし,この思い込みの処理を上手くできれば,レジリエンスもフォースも高まります。

思い込みの処理がうまく機能しないことは,「思考停止」につながります。人間は,「思考停止」すると,思い込みを解消するような,わかりやすくてエモーショナルな主義主張を唱える独裁者に惹かれる傾向に陥ります。アナキンがパルパティーンに惹かれていったように…。

まあ,「思考停止」して愛に溺れていくことは,ダークサイドに惹かれるよりは良いと思いますが…。

2015.12.12

希少性はフォースを鈍らせる-スターウォーズとレジリエンス・トレーニング第1回

皆様,こんにちは。

レジリエンス研修講師,ポジティブ心理学コーチの松岡孝敬です。

いよいよ映画「スターウォーズ 第7話 フォースの覚醒」の公開が迫ってきました。12月18日が待ち遠しいですね。

このブログは,スターウォーズ最新作の公開を記念して,6回シリーズでスターウォーズとレジリエンス・トレーニングとの不思議な相関性をつらつらと綴ってみようと思います。

スターウォーズの物語は,ブライトサイドにいたジェダイ(アナキン含め,ドゥークゥー伯爵など)が,シスの暗黒卿の巧みな術によってダークサイドに陥ったり,ダークサイドに陥っていたダース・ベイダーが,最後にブライトサイドに翻ったりと,ポジティブ心理学コーチングの過程に極めて通じるようなところがあり,興味深いですね。どんな善人も段階を追って暗黒面に陥ることもあり,どんな悪人でも良いコーチングをすればブライトサイドに戻るという,陰陽道にも通じる要素があるストーリーが展開されているように思います。

第1回は,「スターウォーズ エピソード1 ファントムメナス」を題材にして,『希少性はフォースを鈍らせる』を記します。

エピソード1は,「ファントムメナス(見えざる脅威)」と題されているように,次第に銀河系がダークサイドに包まれていく端緒となるエピソードがまとめられていると同時に,オビ=ワン・ケノービ,アミダラ女王,アナキン・スカイウォーカーが砂漠の惑星タトウィーンで初めて遭遇する重要なエピソードが挿入されている映画ですね。

非常に印象深いシーンが,アナキンをジェダイとして受け入れる試験を,ジェダイ評議会が行ったシーンです。

アナキンスカイウォーカー

極めて強いフォースをもつ少年と確認した評議会のメンバーでしたが,アナキンが年を取りすぎていることと,ヨーダの質問によってアナキンが深い不安,恐れ,悲しみといったネガティブ感情に覆われていることに気づき,ジェダイとして受け入れることをいったんは拒否します。あんなに腕白で明るいアナキン少年も,実は,奥深いところで不安や恐れといったネガティブ感情を抱きやすい性質で,しかもそれを自己コントロールできない癖があり,ヨーダはそれを見抜いていたのでしょう。

ところが,アナキンのジェダイ入りを強く推薦するクワイ=ガン=ジンは,「アナキンこそ予言されたフォースにバランスをもたらす選ばれし男」と主張し,そのアナキンの「希少性」と「選ばれし男」だという権威にコロッと影響を受け,ジェダイ評議会の評価はかなり変化します。

最後に,クワイ=ガンの遺言を守ろうとするオビワンが半ば強引に評議会を説得し,アナキンを自分の弟子にして押し切ってしまいます。

「希少性」や「権威」といったものには,さすがのジェダイ評議会のメンバーのフォースも鈍ってしまうといったところなのでしょうか?

それにしても自分が発しやすいネガティブ感情を把握し,それをコントロールする癖をつけておかないと,のちに大変なことになるということを,少年時のアナキンを観て教えられます。そのコントロールが実は一番難しいところなのですが…。

2015.7.14

一人を救うものは世界を救う‐レジリエンスもポジティビティも高まった三日間

先週末,10日~12日は,幕張と東京で2つの異なるセミナーに参加しました。どちらも私の今後のビジネスにおいて大事なセミナーでとても有意義な時間を過ごしました。

1つは全米ナンバーワンのマーケティングコンサルタントが講師を務めるマーケティング戦略セミナー,200名以上が参加した大規模なセミナーでした。もう1つはレジリエンス講師が実践例を共有しあい,ネクストステップを議論するセミナー。

趣の異なる2つのセミナーですが,共通点もあります。それは,いずれも「クライアントを幸福に導く方法を学ぶこと」。

マーケティング戦略セミナーの講師を務めた超大物カリスマコンサルタントのJ氏は,「クライアントとはコンサルタントが保護すべき存在」,「マーケティングとは顧客に恋をすること」という主張をされています。レジリエンス・トレーニングもそれに通じるところがあるかなと思います。クライアントに愛情を注ぎ,ポジティビティを高めなければ,クライアントのレジリエンスを強化することは難しいなあと感じます。

クライアントに愛情を注ぎ,感謝し,恋をするように保護する。それはマーケティングもレジリエンス・トレーニングも共通するのだろうなあと痛感した3日間でした。

マーケティング戦略セミナーでは,40歳前半のコンサルタント起業準備中の方と友人になり,レジリエンス講師のセミナーでは,定年間近の方でやはりコンサルタントとして独立を志望している方と友人になりました。前者の方には,起業直後の集客について尋ねられ,いまだ集客にもがいているなりにうまくいった戦術を説明すると参考になったようです。後者の方は,私が退職直後に独立起業したエピソードを披歴すると,勇気をいただいたとのお言葉を頂戴しました。起業して5か月足らずで大した経験はないのですが,そんな経験でもいろいろな人に少しでも刺激になり,貢献できることは嬉しいですね。

そんな感慨に耽っていると,映画「シンドラーのリスト」のとある言葉を思い出しました。

「一人を救うものは世界を救う。」
シンドラーのリスト

これはユダヤ教の聖典タルムードの言葉です。

一人のクライアントを愛し,感謝し,幸福に導くことは,まさしく世界を救うことにつながると大仰でなく思っています。

レジリエンスもポジティビティも高まった3日間を終え,可能な限り多くの方をレジリエントに導こうと決意を新たにした私でした。そうするには自分自身のレジリエンスをさらに強化し,学び続けないと…。

2015.4.14

レジリエンスな映画1‐セントオブウーマン/夢の香り

今日は夕方から急に気温が下がり,思い切り寒くなりました。南国生まれなので寒さにはめっぽう弱く,寒くなると気分が滅入り活動量が極端に下がってしまいます。なので,気分転換に,昔観たお気に入りの映画を観返しました。

「セントオブウーマン/夢の香り」(1992年)。アル・パチーノがアカデミーの主演男優賞を受賞した作品です。7度目のノミネートでようやく受賞した作品ですね。
ストーリーは,情報将校としては優秀だったのに口の悪さが災いして昇進できず左遷先の基地で自らの不注意な事故で失明し,以来人間嫌いになった(なのに女好き)アル・パチーノ演じる退役陸軍中佐(フランク)と,貧乏だけど頭脳明晰で誠実なエリート高校生(チャーリー)の邂逅を描いたものです。
映画の中で,2人はそれぞれ困難な局面,逆境にさらされます。フランク中佐は,失明という逆境,チャーリーは,高校内でとあるトラブルに巻き込まれます。フランクは,逆境を逆境と思っていないかのように普段は振舞っていますが,実は克服できず破局的な道を選択しようとします。かたやチャーリーは,どのように克服すべきか,もがき苦しみます。結局,それぞれが相補的・相乗的に助け合い,2人とも逆境を乗り越えて再起していくという,素晴らしいレジリエンスを発揮する映画です。やはり映画は,このようなカタルシスが感じられないと面白くないですね。
セントオブウーマン

あまり長々とストーリーを書くとネタバレになるので,これ以上は書きません。映画をまだ観ていない方は是非,観てみてください。観られた方も改めて観ていただければ。何度観ても名画は感動します。
この映画を観て,私は最初の海外旅行の地をニューヨークに決め,ホテルは贅沢にもウォルドルフ・アストリアに宿泊しました。アル・パチーノとガブリエラ・アンウォーがタンゴを踊るシーンと,ラストの全校集会は秀逸です。