会社概要

2017.2.18

ダンスを踊るように生きよう-ポジティビティ3年目を迎えて

皆様、こんにちは。

レジリエンス研修講師、ポジティブ心理学コーチ、リーダーシップ育成コンサルタント、

そして在野のアドレリアン(自称)、松岡孝敬です。

本日2月18日は、株式会社ポジティビティの創立記念日です。

今日から弊社は、おかげさまで3年目に突入しました。

1年目は暗中模索の中、何もわからず何も見えずがむしゃらに試行錯誤を繰り返し、

2年目、飛躍の年となるよう活動しましたが、なかなか爆発的な飛躍には至らず…

ただ、徐々に弊社の存在や活動が認知され、社会に貢献できる環境が醸成しつつあることを

感じています。

これも、創業から変わらず応援していただいている友人・知人の皆様の賜物です。

心より感謝申し上げます。

3年目を迎え、弊社は、新たな事業を起こしてまいりたいと考えています。

人々の幸福度の向上と組織の繁栄を支援し、社会に貢献する

という創業当初からのビジョンを実現すべく、挑戦し続けてまいります。

ブログのタイトル「ダンスを踊るように生きよう」は、

岸見一郎さんのベストセラー、『嫌われる勇気』の1節から引用しました。

「人生とは、いまこの瞬間をくるくるとダンスするように生きる、

連続する刹那なのです。…(中略)…いずれの生も「途上」で終わったわけではない。

ダンスを踊っている「いま、ここ」が充実していれば、それでよいのです。」

個人心理学の祖、アドラーは、著書の中で、

一般的な人生の意味はない。人生の意味は、あなたが自分自身に与えるものだ。

「今、ここ」を充実して(ダンスを踊るように)生きるには、

自らの能力(強み)を活用して、他者に貢献すること。

私は、そう考えています。

そのように生きることができれば、常に幸福でいられます。

研修やセミナーでも、このことは必ずお伝えしようと思います。

「ダンスを踊るように生きよう」というフレーズから、

昔見た大好きな映画のワンシーンを思い出しました。

アル・パチーノがアカデミー主演男優賞を受賞した、

セント・オブ・ウーマン」(夢の香り)という映画です。

事故で盲目になった女性好きの退役将校(フランク)が、NYのレインボールームで、

ふと知り合った美貌の女性(ガブリエル・アンウォー)とタンゴを踊るシーンです。

女性が、「Afraid of making a mistake.(ステップを間違えるのが怖い。)…」

とためらうと、アル・パチーノ扮するフランクは、

「No mistakes in the tango, not like life.

It’s simple. That’s what makes the tango so great.

If you make a mistake, get all tangled up, just tango on.

(タンゴに間違いはない、人生とは違って。

単純なんだ。それがタンゴの素晴らしいところだ。

間違えて、足がもつれても、ただ踊り続ければいい。)」

と諭して見事なタンゴを踊る映画史に残る有名なシーンです。

フランクは、1つ間違ったことを言っています。

人生だって、タンゴと同じように失敗したって良いんです。

「今、ここ」に集中して踊り続ければ、充実した人生を送り続ければ。

弊社ポジティビティは、3年目を迎え、これからも、ダンスを踊るように事業を続け、

有意義な価値を提供して皆様に貢献するよう邁進します。

皆様、今後ともよろしくお願い申し上げます。

2016.9.8

危機は素晴らしい成長の機会-逆境こそがレジリエンスを強化し、本物のリーダーシップを育む

皆様、こんにちは。

レジリエンス研修講師組織開発コンサルタント

リーダーシップ開発コンサルタントの松岡孝敬です。

先週、9月3日(土)、4日(日)の1泊2日は、

毎年恒例のアントレプレナーシップ勉強会に参加しました。

母校、名古屋商科大学ビジネススクール(NUCB)の修了生有志が集い、

母校の恩師で、現在でも東京大学学生ベンチャー起業家を育成・指導されている、

東京大学イノベーション推進本部長の教授を講師にお招きし、

2011年から開催している自主勉強会です。

2013年から、ふとしたきっかけで私が幹事をすることになり、

以来、毎回、幹事役をさせていただいています。

と言っても幹事役を苦労と感じたことは一度もなく、

いつも楽しんでさせていただいています。

幹事をすることで自分の成長が感じられるからです。

今年は、母校、名商大の名古屋丸の内に新キャンパスがオープンされたので、

記念で名古屋開催。

豊田佐吉豊田喜一郎のリーダーシップとトヨタの組織改革を深く学びました。

課題図書や課題動画を事前にチェックして、

アサイメント(課題)に対する答えを参加者でディスカッションしましたが、

今回は、ダイレクトに自分の仕事に関係する内容で、深く学ぶところが多すぎ、

大変勉強になり、有意義な勉強会でした。

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%83%e3%83%97%e5%8b%89%e5%bc%b7%e4%bc%9a20160903%ef%bc%89

とりわけ、心に響いたのは、

「危機は素晴らしい成長の機会」という言葉

これは、課題図書の「世界でいちばん大切な会社」の中の一節を

講師の方が要約した言葉です。

我が身に起きることのうちで最も痛ましく、背筋が寒くなるほどの事態は、

成長のための素晴らしい糧にもなり得る。

リーダーシップに危機が訪れた時こそ、意識を高め、

人として、リーダーとして成長できるチャンスなのだ。

魂を鷲掴みされ、激しく振り回されるような衝撃を受けましたね。

背筋が寒くなるほどの逆境経験、そして、歯を食いしばってそれを克服する経験こそが、

レジリエンスを強化し、本物のリーダーシップを育む。

普段から企業研修の機会で受講者に教えていることなのですが、

改めてその深い意味を再認識させられた2日間でした。

私のビジョンの1つに、「ホワイト企業を10万社創る。」というものがあります。

ホワイト企業が10万社できるということは、つまり、それを率いる、

オーセンティックリーダー本物のリーダーを10万人育成するということを意味します。

それを達成することが自分のビジョンの実現なのに、すっかり忘れていたなあと、

自省の念も思い起こさせた勉強会でもありました。

10月に入って、企業研修や公開講座などで

リーダーシップを研修させていただく機会が続きます。

今回の勉強会で学んだことを最大限に生かし、

本物のリーダーを育成するお手伝いをしていきたいと思います。

勉強会2日目は、トヨタ産業技術記念館と、豊田佐吉記念館を訪れました。

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf%e7%94%a3%e6%a5%ad%e6%8a%80%e8%a1%93%e8%a8%98%e5%bf%b5%e9%a4%a8%e5%89%8d%e3%81%ab%e3%81%a620160904%e3%80%81%e5%90%84%e5%8b%99%e5%85%88%e7%94%9f%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%a9

技術力と、イノベーションの歴史に圧倒されました。記念館も素晴らしい!

我が街、広島にもマツダミュージアムがありますが…。もう少し頑張ろうよ(;´Д`)

2016.3.10

なでしこ敗戦の本質‐組織レジリエンスの維持は難しい

皆様,こんにちは。

レジリエンス研修講師,ポジティブ心理学コーチの松岡孝敬です。

なでしこJAPAN,残念ながらリオ五輪出場逃してしまいましたね。本当に残念です。

宮間ファンの私は,JAPANでの彼女のプレーが見れなくなると思うと寂しさを覚えますね。

なでしこリオ五輪

 

オーストラリア戦や中国戦,韓国戦は,悲壮感が漂って昨年W杯で準優勝したチームと

同じチームかと疑うくらい,ポジティビティが感じられなかった。

幸運を引き寄せる力‐楽観性がもたらす組織レジリエンス

昨夜の北朝鮮戦をテレビで観戦していましたが,五輪を逃したチームとは

思えなかったですね。ハツラツとプレーしてた印象を受けました。

そんなに調子は悪くないと見えたのですが,ディフェンスのサイドから

中盤への横パスを狙ってインターセプトされてカウンターを狙われている当たり,

相手も相当研究していて,それへの対応が今一つ工夫が足りなかったですね。

敗因は色々メディアに書かれています。世代交代が遅かったとか,

研究しつくされていたとか,ホームで油断があったとか…。

私は,佐々木則夫監督のヒューリスティック(経験則)によって生じた

認知バイアスに基づく意思決定と、

(旧来のメンバー中心で五輪予選は行けるだろうという成功体験バイアス?)

佐々木監督にヒューリスティックを生じさせるような,若手選手のデータを

与えなかったサッカー協会のマネジメントのミス,戦略のミスと思います。

名将,佐々木則夫監督でさえも,若手選手をテストする機会が少なすぎたために

データが不足し,五輪予選を戦いきるチーム作りの意思決定を経験則に頼らざるを

得なかったのでしょう。

あるいは,本人は意識しないまでも,どうしても2011年W杯優勝や

2012年ロンドン五輪準優勝の成功体験からくるバイアスがかかり,

判断に少しエラーが生じたか,スポンサーなどの見えない重圧,

外圧(あの選手を使えば視聴率が上がるなどの)も

少なからず影響していたのかもしれません。

頂点を極めたチームだし,FIFAランキング4位なのでアジアで負けるはずがない

という周囲の期待バイアスに負けたのかもしれません。

しかし,かくも常に勝ち続けるチーム・組織を創ることが難しいことか…。

組織レジリエンスの維持の難しさ,リーダーシップの重要性,

周囲の戦略的サポートの重要性を痛感させられる出来事でした。

でも,このような事態も悲観的に捉えず,東京オリンピックで金メダルを

取る布石ができたと肯定的に受け止めたいですね。

幸い有望な若手は育ってきてますし,2014年のU-17コスタリカ大会は,

圧倒的な強さで優勝しましたからね。まるでバルサのサッカーを彷彿させるような。

さらに我々を勇気づける次のような面白いデータ・エピソードも。

ジダン率いるフランスサッカー代表は1998年の自国開催のW杯で優勝しましたが,

その4年前のアメリカW杯は,予選突破を確実視され,タレントがそろっていたにも

かかわらず,予選突破かなわず本選出場できなかったのです。

俗に言う“パリの悲劇”というやつですね。

フランス代表でさえ,W杯で初優勝する4年前は予選落ちしているのですから,

なでしこJAPANも4年後金メダルを獲れるでしょう(バイアスかかってるなあ~)。

常に勝ち続ける組織づくりは難しいですが,逆境にあっても早期に回復して

成長し続ける組織,逆境にあっても認知バイアスにかからず意思決定できる

リーダーシップを育成することは可能です。

そんな人と組織のレジリエンスの構築を支援し続けたいと思います。

2016.2.23

ハッピー大作戦!-レジリエントな異端児指導者が組織レジリエンスを創る

皆様,こんにちは。

レジリエンス研修講師,ポジティブ心理学コーチの松岡孝敬です。

昨日,2月22日,広島県中小企業家同友会の例会があり,

会員として出席させていただきました。

その会では,青山学院大学陸上部監督の原晋氏をお招きし,講演会が開かれました。

原監督の指導法は,ポジティブ心理学コーチングポジティブ組織論

コンサルティングに通じる試みがあり,とても興味深く拝聴しました。

原監督1

ご存知の方も多いですが,原氏は,今年の箱根駅伝で青山学院を一度もトップを

譲ることなく完全優勝で2連覇に導いた,今や時の人となった陸上界の異端児です。

お話を聞いていると,とてもレジリエンスの強い方だなあと感じました。

中京大学陸上部を経て地元,中国電力陸上部の1期生として入社するも,

27歳で故障し,事実上のクビを宣告され,一から関連会社の営業として

左遷同然で流され,そこで抜群の営業成績を残して、社内ベンチャー企業のメンバーに

抜擢されてそこでも結果を残すことになります。強烈なレジリエンス,負けじ魂ですね。

それで終わることなく,高校時代の後輩からの話で,低迷していた青山学院大学陸上部の

再建のため,監督就任のオファーが入ります。

一度は忘れかけていた陸上への情熱がふつふつと沸き起こり,

当初は大学の嘱託職員扱いという極めて低い条件の身分で,

家族の反対を強引に説得し,退路を断って青山学院陸上部の監督に就任します。

当然のごとく,順風満帆なチームづくりとはいかず,当初はさまざまな困難・

試練に会いますが,10年計画で戦略的にチームをつくっていき,

2015年大学駅伝2冠,箱根駅伝2連覇と輝かしい業績を立てられました。

最近,講演があると,話を聞きながら演者の“強みスポッティング”をするのが

癖になっているのですが,原氏のお話からは,「忍耐力」,「計画性」,「勇気」,

情熱」,「大局観」といった強み(キャラクターストレングス)が感じられました。

指導法もユニークで,「ハッピー大作戦」と称して,選手の幸福度(ハッピー指数)を

自己申告させて,選手のモチベーション,ポジティビティを上げたり,

「コカ・コーラ大作戦」と称して,選手の力を120%引き上げるような試みをしたりと,

まさにポジティブ心理学ベースの介入法,ポジティブ心理学コーチングと感じました。

原監督2

自らを「ファーストペンギン」に例える陸上界の異端児は,まさにポジティブ組織論

でいう,“ポジティブな逸脱”(Positive Deviance)をしている方。

そして,そんなポジティブな逸脱者は,選手の自主性を重んじ,

ポジティブな組織文化を醸成し,コカ・コーラから炭酸が一気に噴き出すごとく,

選手のパフォーマンスを一気に最高潮に高めます。

残念なのは,日本の教育界,企業文化が,こんなポジティブな逸脱者,

異端児を育成するような社会になっていないことです。

私は,微力ながら自分のコンサルティングやレジリエンストレーニングで,

そのような文化を変えていきたいと思っています。ていうか変えます。

2016.1.16

コーチングの新結合(イノベーション)-ダイバーシティがイノベーションとレジリエンスを生む

皆様,こんにちは。

レジリエンス研修講師,ポジティブ心理学コーチの松岡孝敬です。

新年初めてのブログでございます。遅ればせながら,本年もよろしくお願い申し上げます。

今日は午後から,コーチング仲間と勉強会を行いました。

コーチング未経験者,初心者も参加されているため,前半はコーチングの基礎として,

基本スキルとその理論的裏付けについて,私がレクチャーを行いました。

中国コーチング勉強会20160116

この勉強会,「中国コーチング勉強会」と名付けられていますが,

参加者各々ベースとなるスキルが多様で,

PHP認定のコーチ資格保有者,

NLPトレーナー(ジョン・グリンダーからも指導を受けた本格派),

マインドブロックバスターインストラクター,

そして私,レジリエンストレーナー&ポジティブ心理学コーチ。

「中国コーチング勉強会」のミッションの1つに,独創的な中国コーチングスタイルを

創造するというものがあるのですが,これだけリソースが豊富で,

多様性が高いとイノベーティブなコーチングスタイルが創れると確信しました。

イノベーションを名づけたシュンペーターは,イノベーションを「新結合」

と表現しましたが,まさに,今日のコーチング勉強会は,

コーチングの新結合(イノベーション)でしたね。

ダイバーシティと発想の転換こそがイノベーションを生み,

レジリエンスを強化すると思います。

今年もワクワクとした楽しい時間を過ごすことができそうです。